生命保険で貸付を受ける | 保険の知っておきたい知識

生命保険で貸付を受ける

自分が契約している生命保険の解約返戻金についてよく分からない場合、生命保険会社などに問い合わせしてみることです。会社を立ち上げたりして、まとまった資金が必要な場合など、まず初めに、一時払いで高額の終身保険と契約し、その解約返戻金を元に貸付を受ける、という方法もあります。

解約返戻金を元に貸付を受ける方法だと、担保の提供等の必要も無く資金の調達が出来ます。ペイオフ解禁以降の分散投資の一手段としても活用できますし、相続対策にも利用が可能です。但し、医師による健康診断が必要な場合があります。つまり、まず健康であることが第一、と言うわけです。遺産相続のときの争族対策でも、生命保険は活用できます。例えば、相続遺産が不動産のみで、子供が二人いたとします。このような場合、分割用財産として生命保険に加入しておくことで、受取人を現金で、長男にしておき、家は長男が相続し、代償分割として生命保険金を次男に渡すといった形をとれば、遺産分割のトラブルを解消できます。このように、生命保険は相続税法上の特典など、相続対策に多方面から対応が可能なわけです。相続税に関しては、生命保険には非課税枠があって、相続人一人につき500万円までは相続税がかからないことになっています。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED