ライフステージごとの生命保険の見直し | 保険の知っておきたい知識

ライフステージごとの生命保険の見直し

生命保険に加入しても、ライフステージの変化に伴い、生命保険の内容を見直す必要が出てきたりするものです。就職をして親から経済的に自立した場合、まず、生命保険でも医療保険に加入することです。

自分に万が一のことがあった時、親に金を残したいのなら、死亡保障もつけておくべきです。会社を辞めて店を開業するなど、独立して自営業となったら、公的保障が少なくなる分、生命保険を重視して死亡保障・医療保障ともに増やす必要が出てきます。また、個人事業主や経営者になると、生命保険料を事業経費として計上するようにします。家族の状況によるものもあります。婚約・結婚の場合、今まで加入していた生命保険や保障額をチェックしてみるべきです。万が一の死亡保障の受取人を配偶者に変更し、夫は増額、妻は減額、専業主婦なら不要になる、というのが通常の変更の仕方です。結婚の後は、やがて子供が生まれることになります。子どもが生まれたら、万が一の時に家族の生活を保障するために死亡保障の見直しをすべきです。子どもの養育費や学費など、これまでの生命保険で不足する額を上乗せします。専業主婦の場合でも、子どもが小さい間は、ある程度死亡保障を考えた方が良いでしょう。妻のケースで、フルタイムで働いていたのが、仕事を辞めたときや、逆に、専業主婦だったのが働き始めた場合などは、夫の死亡保障額を見直したほうがよいでしょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED