ライフシーンごとの生命保険の見直し | 保険の知っておきたい知識

ライフシーンごとの生命保険の見直し

ライフシーンもどんどん変化していくと思うのですが、住宅ローンなどを利用して住宅を購入した場合、団体信用生命保険に加入しておけば、万一の時には、残ったローンは生命保険金で相殺されることになります。

ただ、ローンの負担が無くなる分、死亡保障額を減額される場合もあることを知っておかなければいけません。子どもが成長し、経済的に独立することになれば、貯蓄との兼ね合いで、生命保険は必要な保障だけに絞ることを考えてみましょう。万が一の時、妻の生活を支える程度の死亡保障を確保すれば良いことになります。また、健康な間に自身の老後の医療保障を見直しておくことです。親の扶養義務がある場合は、自分に万が一のことがあったときのため、親の生活保障を考えて、死亡保障を増額しておくことです。もしも離婚してしまったら?というシュミレーションをする人もいますが、実際に離婚と言うケースもあります。こうしたとき、子どもを妻が引き取る場合は、子どものために死亡保障額を増額する必要があります。父親が養育費を払う場合でも、死亡保障を確保して、子供を受取人にしておくことです。子どもを頼める親などがいない場合、医療保障も高めにしなければいけません。子どもがいない場合、医療保障中心に見直しすればよいでしょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED