生命保険は終身保険が望ましい | 保険の知っておきたい知識

生命保険は終身保険が望ましい

生命保険に関しては、大抵の人が、少しでも生命保険料を安くすることを考えていて、逆に、少しでも多くもらう、ということになかなか気づかないものです。

確かに、 必要なときに必要な保障を確保することは大事です。同時に、払えば、払った分、いくらか戻ってくる、と言う金融商品ならではの生命保険の特徴も、積極的に活用すべきです。生命保険の仕組みを理解すると、生命保険会社が儲かる商品とそうでない商品が判ります。そうすることで、自分に必要な保障を手に入れると同時に、契約者にとって有利な商品を得ることができるのです。これが、生命保険の上手な利用法なのです。まず最初に加入し、また、生涯にわたって保障のベ-スとするのにふさわしい生命保険としては、やはり終身保険です。まず、終身保険は、生涯保障されるものなので、いつか必ず保険金がもらえる生命保険だということがあります。平均寿命が延びている現在では、より適したものと言えるでしょう。次に、若いうちに契約すると、生命保険料が安くすむことがあります。元来、終身保険は、定期保険よりも生命保険料は高いですが、20代のうちに加入すると、40代で加入する場合の約半分の生命保険料となります。若いうちに契約すると、終身保険でも充分な保証が得られるケ-スが多いものなのです。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED