若いうちに加入する生命保険の終身保険 | 保険の知っておきたい知識

若いうちに加入する生命保険の終身保険

若いうちに生命保険に契約すると、終身保険でも充分な保証が得られるケ-スが多いのですが、途中で契約切り替えをしたり解約すると、せっかくのメリットをなくしてしまうことになるので、注意が必要です。

終身保険は、将来、年金としても受け取ることができますし、解約して、それまで貯めたお金を引き出し、老後の生活資金に当てることも出来ます。途中、万が一のことがあっても、いろいろと役立てることが可能です。例えば、保険料の払込満了後、そのまま生涯にわたっての保障として継続するか、一括で解約返戻金を受け取って使うなど。さらに、責任準備金(貯まっているお金)を原資にして年金のかたちで受け取ることもできます。他にも、介護保険に変更できる場合もあるのです。このように、自分の経済状況や健康状態に応じて、自分に合った方法を選択することができるのです。がん保険にも入っておいた方が良いかもしれません。がんは年々増えつづけている不安な病気です。高齢になってがん保険に入ると非常に負担が大きくなるので、保険料が生涯変わらない終身タイプで早いうちから保障を十分にしておくのが合理的な選択といえるでしょう。若いうちから、長いライフプランの医療保障をきちんと考察し、不安なく生きていけるような備えもしておくべきでしょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED