生命保険と税金の分類 | 保険の知っておきたい知識

生命保険と税金の分類

生命保険への加入を考えたとき、保険金額を大枠とし、保険の種類を切り分けていくことです。終身保険に入れるか?死亡保障、高度障害保障にプラスしてオプションをつけるかどうか?というところがポイント。

しかしオプション付きの保険を扱っている生命保険会社は、基準の終身保険や定期保険に関しても、通信販売の保険会社や外資系生命保険会社と比較して割高な場合が多いものです。資料請求は無料なのですから、いろんな生命保険会社の資料を取り寄せ、じっくりと条件の割安な保険を探してみることです。また、生命保険と税金の関係も知っておかないと、いざというとき、余分な税金を払ってしまうことにもなってしまいます。生命保険の保険料の支払いは、生命保険料控除として、所得からの課税対象としては、控除の対象とされます。しかし、保険金の受け取りには税金がかけられます。例えば、死亡保険金は、受取人によってそれぞれ、相続税、所得税と住民税、贈与税のどれかがかかります。満期保険金の場合も同じく、受取人によってそれぞれ税金がかかることになるのです。生命保険で受け取るお金は、大体三種類に分類できます。終身保険、定期保険等で受け取れる死亡保険金。養老保険、子供保険等で受け取れる満期保険金。個人年金保険で受け取れる個人年金。この三つです。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED