生命保険料の控除の申告を忘れずに | 保険の知っておきたい知識

生命保険料の控除の申告を忘れずに

サラリーマンが年末調整で控除を受ける申告をする場合にも、生命保険料を支払った金額を証明する書類が必要です。この書類は、生命保険会社から、毎年同じ時期に送られてきますので、そちらを元にして提出するようにします。

生命保険の保険契約期間中に、配当金を手にした場合に税金はどうなるのかと言えば、所得税、住民税というものはかからないんですが、生命保険料控除を計算する際に、支払った保険料の総額から控除されます。保険金の支払い開始から支払いを受けた配当金は年金の場合には、雑所得扱いになって、税金がかかってきますし、一時金が手に入ったという場合には、一時所得として扱われて税金がかかってくるので注意しましょう。体に障害があってそれに支払われる場合には税金はかかりません。契約をしている途中で、解約をした場合には、解約返戻金を手にすることになるのですが、その場合には、満期保険金の扱いと同じように税金がかかってきますので、注意しましょう。毎年の年末調整の時期に、生命保険料の控除の申告をするのを忘れないようにしましょう。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED