生命保険の相続税が気になる | 保険の知っておきたい知識

生命保険の相続税が気になる

もしも世帯主がなくなってしまった場合には相続税がかかってくるのですが、生命保険を受け取っていくらくらいの相続税がかかってくるのか気になる人も多いと思います。生命保険をかけていて死亡保険金が下りたという場合には、所得税と相続税、そして贈与税の中のどれかの税が課税対象になっています。

これは誰が保険料を支払って、誰が保険金の受取になっていたのか、そして被保険者が誰なのかということによっても違ってくるので、少し複雑です。自分がどのケースに当たるのか、生命保険に関する相続税については、立場を理解した上で、把握しなければいけません。死亡保険金に相続税がかかってくるという場合というのは、生命保険の契約者が例えば夫で、被保険者も夫、そして受取人が相続人であった場合には、相続税がかかります。保険金非課税の特典は別途ありますので後でご紹介します。そして契約者も被保険者も夫で受取人が相続人以外の人の場合でも相続税がかかります。その他の場合には、夫が契約者が被保険者が妻なら所得税になりますし、契約者が夫で被保険者が妻の場合に子が受け取れば贈与税がかかることになります。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED