生命保険の相続税を計算する例 | 保険の知っておきたい知識

生命保険の相続税を計算する例

生命保険の相続税の保険金非課税の特典については、相続人が妻と二人の子供とした場合には、それぞれの相続人の受取金額に関係なしに、五百万円に法定相続人の人数をかけた値段が非課税になります。

たとえば、妻と子供二人が法定相続人になる場合には、500万円×3人で、1500万円までは、非課税になり、死亡保険金が2000万円だった場合には、1500万円分は非課税で、残りの500万円は課税対象になるということになります。しかし実際には、課税されるのは、基礎控除額がまた決められていて、1000万円以上から基礎控除額が発生しますので、その点も確かめておく必要があります。生命保険を受け取った場合に、相続税が課税されるのか、課税されないのかということは、人それぞれ違っていますから、自分のケースは適応されるのかどうかとうことを確認してから考えなければいけません。相続税に関しては生命保険会社の人に聞いてみるとよくわかりますし、確定申告の際に税務署に問い合わせてみてもいいと思います。それほど大きな金額でない限り課税されないと思いますが、複雑ですので、良く確認した上で、生命保険の受取を行った方がいいかも知れませんね。課税の場合と非課税の場合では手続きの方法が若干違っています。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED