生命保険の掛け捨てが不要なタイプ | 保険の知っておきたい知識

生命保険の掛け捨てが不要なタイプ

生命保険の掛け捨てのものは、損であると思っている人も多いと思います。生命保険の掛け捨てとは、保険料を積み立てていかないので、毎月支払った保険料は、もしかすると保険を使わない場合には、損をするというイメージを持っている人も多いと思います。

掛け捨ての生命保険は損だというイメージは実際には、そうではありません。積み立てより損をするから掛け捨てにしない方がいいと思っている人も多いと思いますが、そうではありません。自分でお金を貯金していくのか、生命保険会社に貯金代わりの積み立ての保険を加入してもらって進めていくのか、その違いだけになるのです。積み立ての生命保険というのは、保障に貯蓄が組み合わせてありますから保険料が高いのが特徴です。そして最近は医療保険の中でも無事故ボーナスなどがある保険もあるのですが、これはボーナスがもらえるので、ラッキーだと思っている人もいるかもしれませんが、実際にはそのボーナス分も含めて積立保険料にはいっているので、生命保険会社が支払ってくれているわけではないので、自分で最初にそれも含めて支払っているのです。ということは、積み立てだからお金が手元に戻って、しかも無事故ボーナスも付くのでラッキーだという考え方は違っています。自分で積み立てたお金をあとで満期として受け取っているだけで、他で貯金をしっかりとしている人なら、積み立ての生命保険をかける必要はありません。


TOPPAGE  TOP 
サイトマップ RSS FED